IBMのプログラミング・コンテストで3年生が入賞!
~Master the Mainframe

2月13日にIBMが主催するプログラミング・コンテスト「Master the Mainframe 2019」の表彰式が行われ、本学科3年の佐藤汰星さんが表彰されました!

Master the Mainframeコンテストとは、全世界の学生を対象に年1回開催されるオンラインでのプログラミング・コンテストで、「メインフレーム」に関する実践的なスキル習得が目的とされています。

世界中の意欲的な学生が、入賞やデジタルバッジ獲得を目指して競いながら、最先端テクノロジー『メインフレーム』について学んでいます。パソコンから米国にあるメインフレームにアクセスし、ガイドに沿って課題に取り組み、プログラムの品質を競います。

IBM公式サイト

コンテストは3つのパートに分かれており、Part3修了者が表彰式に招待されました。

今年のPart3修了者は14名で、そのうち11名が表彰式に参加していました。Part3修了者は大学院生も多く、医療系の大学からの受賞者は佐藤さんただ一人でした。

表彰式は東京の六本木にあるグランドハイアット東京で行われ、隣接する六本木ヒルズでIBM社員の方とのランチ懇親会も行われました。また同時開催されたIBM Open Technology Summit 2020の講演も聴講し、最新のAIテクノロジーなどについて知ることができました。

来年度もMaster the Mainframeコンテストは開催されるとのことですので、佐藤さんも所属するプログラミングサークルを中心にして、またpart3修了を目指して頑張っていきたいと思います。