一般的な経営学から医療機関の経営まで学べる! ~『医療経営士テキスト:経営理念・経営ビジョン/経営戦略』刊行

教員の多湖雅博です。私が執筆した書籍『医療経営士テキスト:経営理念・経営ビジョン/経営戦略~戦略を実行するための組織経営』(日本医療企画)を紹介します。

医療経営士テキスト(中級)

(※「医療経営士」とは、日本医療経営実践協会が認定する資格です。長らく“経営不在”と指摘されてきた医療界において「医療の質の向上と効率化」が求められている今日、そうした時代の要請に応えるために必要な経営学の知識とスキルを備えた人材である「医療経営士」が求められています。)

本書の特徴

本書は医療機関の経営に携わる方々が、経営理念や経営ビジョン、経営戦略を正しく理解し、自身の所属する医療機関において実践できることを目的として執筆しましたが、医療機関であっても「経営」を実践するためには一般的な経営学の知識が必要です。

そのため、本書はまず一般的な経営学における経営理念・経営ビジョン、経営戦略についての理論および実務の概要を紹介しています。そして、その後に医療機関への応用についての知見を提示するという形式を採用しています。

また、最近の医療経営のトピックである地域医療や地域包括ケアシステムなどに応用できるようにしています。

あらゆる学生にオススメです。

地域医療や地域包括ケアシステムなどについては、医療機関への就職を考えている方々にとっては避けては通れないものですし、そもそも一般的な経営学の中核である経営戦略についても学ぶことができ、これも就職活動における企業研究などに役立つと考えられます。

そのため、あらゆる学生にオススメの書籍となっています。

ぜひ読んでみてください!